職場に冷蔵庫が無い人必見!サーモスマグの保冷時間が6時間以上!

サーモスケイタイマグ750ml 保冷・保温時間6時間 ワンタッチオープンタイプ JNL-753 BKY

職場で冷蔵庫やウォーターサーバーが無くて、「冷たい・温かい」飲み物の温度を保てなくて困っていまんか?また毎回飲み物を購入するのが手間だと感じでいませんか?
今回は長時間「冷たい・温かい」飲み物をキープ出来るサーモスマグ(水筒)保冷能力(真空断熱)が凄くて、飲みやすくて、使いやすくて、デザイン性もシンプルで、上記の悩みを解決してくれる優れものでしたのでご紹介します。
商品名:サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 750ml ブラックイエロー JNL-753 BKY

職場に毎回飲み物購入し、ぬるいまま飲んでいませんか?

私の妻の話になりますが、職場に冷蔵庫やウォータサーバーがある所はいいですが、置いていない職場や冷蔵庫のある共有スペースとロッカーの場所が遠くなかなか冷蔵庫も使用出来ない人もいるかと思います。私の妻がそうです。

今までは毎回飲み物(ペットボトルの水)を購入していましたが500mlでは量が足りないのと冷蔵庫にずっとは入れることが出来ず、飲み物がぬるくなり困っていました。また1日あたり約250円が飲み物代に使っていました。

飲み物がぬるくなるのと毎回購入するのが手間だと思い、何か良い方法がないか探していた時に、以前母から使わないともらったノーブランドのケータイマグを使ってみた時に数時間経過したホットコーヒーが意外と冷めていないことを思い出しました。

ケータイマグって意外と保温力があるんだと!

じゃもう少しお値段するケータイマグだとどうなんだろと疑問が湧き、オススメのケータイマグの口コミを検索。また妻が職場でサーモスマグを使用している人が多いという情報からどんな物か気になっていました。
そして、眼を付けたのが「サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】」でした。

以前からCM等ではTHERMOS(サーモス)を見かけた記憶はありましたが、ほとんど関係無い目で見ていたぐらいで製品の良さは知りませんでした。

また、アマゾンなどの口コミなどを見ても評判がよく使い勝手も良さそうとありました。てすが、一度手に取って見たいと思い近くの大型スーパーに下見に行くことに。サンプル品を手に取り、蓋の開けかた、飲み方、洗うパーツが、どこかを確かめました。
サーモスケイタイマグ750ml 箱裏

サーモスケイタイマグ750ml 箱

デザインもシンプルで飲み口もワンタッチで開閉出来、こぼれ防止のロック機能もあり。

ここまで良し!

パーツは3つぐらまでの分解なので、洗う時の手間も少なそうと予想。

ここも良し!

では金額は?

金額も約2600円ぐらいとまあまあな手頃感かなと。

そして、やはり最大の決め手はサーモスの特徴でもある超時間の「保冷・保温機能」かなと。この理由こそ購入して試してみたいと思う理由でした。

サーモスケイタイマグ(水筒)を使用した感想

妻が実際に冷蔵庫で冷やされた水をサーモスケイタイマグ(水筒)に入れて職場で使用したところ、説明書にも記載がある通り6時間以上の保冷効果に驚いていました。私も残っていた、マグ(水筒)の水を飲んでみると確かにまだ冷たさを実感。保冷時間は10時間以上経過しているので冷蔵庫から出した直後までの冷たさはありませんが、冷蔵庫で冷やしただけの水温をここまでキープ出来るサーモスマグ(水筒)の機能にただただ驚きでした。

それから休みの日はサーモスケイタイマグ(水筒)が手放せなくなり、これまではペットボトルの水を毎回購入していたのが馬鹿らしく感じます。ペットボトルの結露も気にしなくてもよくなりました。

注ぎ口も飲みやすい作りになっています。一段段差があり一口分が出てくる感じです。
こんな感じで、

サーモスケイタイマグ750ml 注ぎ方

サーモスケータイマグは飲み口を付けなくても飲める?

これは正しい使い方ではなく、個人的な使い方ですが、飲み口の構造のおかげで、飲み口をつけなくても飲む事ができます。実際に使用してみたから分かる飲み方です。
※下記が正しい飲み方です
サーモスケイタイマグ750ml 説明書 飲み方

サーモスケイタイマグ(水筒)750mlの金額は?

サーモスケータイマグ750mlの金額はお店にもよりますが約2600円ぐらいです。毎日水を100円で購入している人は約1ヶ月分の水代を節約可能です。いつでもどこでも冷たい温かい飲み物を飲むことが出来ます。
※温かいものはまだ入れていませんので、また改めて体験談を紹介しますね。

サーモスケータイマグ(水筒)の飲み口の取り外し方と洗浄は?デメリットかも!

飲み口を本体から外して洗うことが可能です。全部で3つのパーツに分解でき更にフタパッキンとせんパッキンが1つずつ存在します。
サーモスケイタイマグ750ml パッキンパーツ

細かく洗うのであれば洗うパーツは、本体、蓋、飲み口、パッキン2つと全5つのパーツを洗うことになります。パッキンまで洗うのがすこし手間に思う所はありますが、我が家では泡スプレーを活用して洗浄しています。
キュキュット泡スプレー

キュキュット泡スプレー 使い方

各パーツの溝が細かいので泡スプレーでの洗浄が楽です。上記画像のように泡スプレーを吹きかけて、しばらく置いてスポンジや手や水ですすぎ洗うだけです。楽な洗い方を希望するなら、「キュッキュッと泡スプレー」はオススメです。

 

サーモスケータイマグ(水筒)の使用上の注意点

機能をしっかり理解していないと飲み物が漏れる原因に!
サーモスマグにはロック機能がありますが、このロックを忘れると漏れます。実際に私が水を入れてロックリングをし忘れた、まま妻に渡した後、バッグの中がびしょ濡れになったとお怒りを受けました(笑)
ですので、フタを閉めたあとは必ずロックリングを忘れずに!
サーモスケイタイマグ750ml 説明書 使い方

サーモスケイタイマグ750ml ロックリング サーモスケイタイマグ750ml ロックリング

後は、もう一点注意が、必要なところがあります。せんパッキンの装置忘れも要注意!こちらの問題は妻が装着忘れたまま、リュックに入れていたら、背中が冷たくなったと連絡がありました。このせんパッキンも漏れ防止の為、装着を忘れると漏れますので、洗った後は忘れずにせんパッキン装着を忘れずに!説明書をよく読みせんパッキンの付け方は覚えておきましょう。

サーモスケイタイマグ750ml フタ

フタパッキン、せんパッキンは1年を目安に交換が必要

サーモス水筒ケータイマグのフタやせんには漏れを防ぐフタパッキンとせんパッキンが付いていますが、こちらは消耗品と説明書に記載がありました。消耗の判断基準は飲み口やせんの開閉作動がスムーズでなかったり、パッキンの表面にザラつきや損傷がみられたら、交換のタイミング。
交換用部品はアマゾンで取り扱いがありました。

サーモスケイタイマグ(水筒)750mlはこんな人におすすめ

  • 容量500ml以上で片手で飲み口の開閉が出来るマグを探している人
  • 職場に冷蔵庫がなく飲み物を冷やす環境がない人
  • 保温保冷時間が6時間以上必要な人
  • ※体感的には10時間は保冷効果を実感

  • シンプルでシンプルデザインのケータイマグを探している人
  • パーツが少し多いので洗うのが面倒でも構わない人

まとめ

サーモスケイタイマグ(水筒)体験談はいかがでしたでしょうか?冷蔵庫から出したままの温度を6時間以上持続出来ている点(真空断熱)は凄いの一言。1日の労働時間8時間で考えても保冷機能をキープできる点はありがたい。しかも体感では10時間以上は冷たさを保つ事が出来ています。職場に置きたい水筒上位にランクインすると思います。パーツが多くて洗うのが少し面倒な所はありますが、メリットデメリット含めて考えてもサーモスケイタイマグを購入した甲斐がありました。おすすめです。サーモスケイタイマグ(水筒)750mlの容量は女性にしては多い方だと思います。現在毎回ペットボトルの水を毎回購入し500mlでは足りないっていう人やぬるくなった飲み物を飲んでいる人は、サーモスケータイマグ750mlを検討してみては?

参考になれば幸いです。

 

 

THERMOS(サーモス)マグボトル おすすめ順一覧








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です